キウォフハートの入手方法 | 中型犬には中型犬用キウォフハートを!誤った投与が命取りに…

中型犬には中型犬用キウォフハートを!誤った投与が命取りに…

キウォフハートの入手方法

「キウォフハートの入手方法」のイメージピクチャーです。

犬の体内、主に心臓部などの重要な血管部位にフィラリアの成虫が居座ってしまうと、そのまま血管が詰まってしまう危険があります。
それによって呼吸困難や食欲不振、血尿などの深刻な症状が起こる危険があります。
また、血流の悪化具合によっては、そのまま命を落としてしまう犬もいるのです。
愛犬がそんなことにならないためにも、キウォフハートのようなフィラリア予防薬を使ってフィラリアの駆除・予防をすることは重要です。

キウォフハートはフィラリアの成虫に対しては効果がなく、主に幼虫の成長を止めるはたらきを持っています。
成長できなくなった幼虫は自然と死んでしまうため、結果的にフィラリアの駆除をおこなうことができるのです。
しかし、もし犬の体内にフィラリアの成虫がすでに寄生した場合、ここでキウォフハートのようなフィラリア予防薬を投与してしまうとアレルギー反応を起こしてしまい、犬がショック死してしまう可能性も…。
フィラリア予防薬を投与する場合は、必ず最初に動物病院へ連れて行き、フィラリアが寄生しているかどうかの確認をしてもらってください。
もし成虫がすでに寄生していたとしても、その場合は獣医さんが適切な治療で駆除してくれますし、フィラリア予防薬を投与してくれるはずです。

フィラリア予防薬による効果は1ヶ月間続くことから、予防薬としての役割もあります。
獣医さんにフィラリアの成虫を駆除してもらいさえすれば、そこからは毎月投与してフィラリアの寄生を防ぐことができます。
となれば、1回目の通院以降はわざわざ処方してもらうために動物病院へ行かなくてもいいということになります。
そこで、もう通院が不要だという場合は、個人輸入代行サイトを使ってキウォフハートを注文してしまいましょう。